« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »

2005年10月2日 - 2005年10月8日

2005/10/08

智恵と力と勇気のこぉ

ああ、とうとう一週間経ってしまいました。

忙しいすよ。
寝てないすよ。

何だか息子とも会話が少ない。
ずっと会ってないような気がするけど、気のせいだよね。

その息子が、朝とつぜん
「アンパンマンて、友達少ないよね」
という。

(え?アンパンマン?なな、なんなの。とつぜん、
友達って?しょくぱんまん、カレーパンマン…ジャムおじさんにバタ子さん…)

と、目を白黒させていると

「愛と勇気だけがともだちさ~♪、って、さびしいよね」

っと、言いながら、がっこに行ってしまう。
やっぱ、会話がなかったわね。
ついてけないわ。

でも、愛と勇気かぁ。あんぱんまん、少ないわね。二つじゃん。

「スーパー・ジェッター(だったかな?)」(チョー昔のテレビ・マンガ)は、
「智恵と力と勇気のこぉ~♪」だったわ。(なんつー、古いもん思い出すんだ!)

いい言葉じゃん!
つらつら考えてみると、やっぱ、「智恵」と「力」と「勇気」は、欲しいわね。

何かやろうとするときの三種の神器だと思うわ。

最近思うけど、学者やろうと思ったら、ぜったいこの三つはいるわよ。
「力」は、体力よ。 … 最近、わたしに欠けてるものだわ。ここをなんとかしなくちゃ。

「智恵」も、本気で必要だわ。
だけど、意外と「智恵」を使ってる人って、少ないように思うわ。
みんな学者だから、頭は使えるのよ。
でも、智恵は、頭とハートと必要だから、ちょっと変則的なのよ。

智恵は情熱と同じであふれてくるもんだしね!たしかに必要よ。

だけど、
だけど、
学者に一番必要なのは、
ほんとは「勇気!」じゃないだろうか、って気がする。
智恵があって、体力もあっても、勇気がなければ、何も言えないもの。

勇気

それは

言う気

言うと思った?ははは。

たった一言でも、それを言うには、
清水の舞台から飛び降りなきゃならない場合がある。

それを言える人だけが、ホンモノの学者やれるのよ。

ダサイと思ってたけど、学者もけっこう

かっこいいじゃない?

だけどさ、勇気出して言っても、

誰も気がついてくれないことも、

あったりすると … やっぱ、ダサいだけだったりする …


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月25日 - 2005年10月1日 | トップページ | 2005年10月9日 - 2005年10月15日 »