« ホンモノって? | トップページ | 哲学者ってヤツは… »

2005/08/07

ナーマギリの神さま

イマイチ、疑われている本『世にも美しい数学入門』

これから引用すると、ますます疑われそうだけど、インド関連のお話なので、いいかな。

数学の天才ラマヌジャンが毎朝新しい定理6こづつつくって、ハーディ教授のところにもっていくお話が書いてありました。

ラマヌジャンについては、詳しい伝記も読んだことがあるし、論理学の本の中でもでてきたことがあるので、わりとなじんでる人です。彼にまつわるエピソードで必ず言われることがあります。

天才の彼は、そのすばらしい定理の数々をどうやって見つけていたのか。
彼が言うには
「夢の中でナーマギリの神さまからおそわって、起きたらその公式を書きとめているんだよ」

いつもこう言っていたそうです。
ここで、問題になるのは、この話いつも

「へぇ~、そんなことあり?そんなわきゃないだろがぁ。」

って、感じがつきまとって話されるということです。

インドの文献長く読んでるとわかるけど、これまるっきりそのまんま、ほんとだと思うよ。

つまり、知恵の極致というのは、案外無意識に近いんだよね。
インドの人がいう「無分別知」ってのが、そうだと思うけど、それだけが真実なんだ。
「有分別知(概念知)」は、普通のみんなの知識だけど、これに至るとミスを犯すんだよ。
だから、わたしやあなたやみんな間違うわけ。
そんな有分別知だけでやるから、1年に一個の定理がせいいっぱいなんだと思う。(あ、すみません、F原せんせ)

論理学で、この話が出てくるのは、「発見の文脈」という話しのときです。
発見するときには、天才のひらめきみたいなもんで見つけるから、そこには論理は存在しない。
だから、すばらしい定理ができる理由をあげるとき

ナーマギリの神さまが現れたから

というのは、理由にあげてはいけないと言われるんだわ。
これは「発見の文脈」だからね。つまり、たまたまでしょ、ってわけ。
だから、正しいことを示す「根拠づけの文脈」で理由を語りなさい、っていうのよ。

昔はね、この話に納得してたのよ。
なるほど、そうだよなぁ、神さま出てくると定理が出てくる、ってのはおかしいよな、って。

愚かだったわ。
まったく。

ナーマギリの神さまが出てくるようになったら、確実に新しい定理が生まれてくるに決まってるじゃん。
これは、定理が生まれる確実な前兆なのよ。

だってね、真理というのは、自分の中から絞り出すもんではないからだわ。
絞り出す苦労の果てに疲れ切った頃
ふいに向こうからやってくるのよ、ほとんど意識してないときに。

「ナーマギリの神さまが現れたから」

しかし、まぁ、彼を信じる人には、これほど確実な論拠もないけど、
彼のことを知らない人には、これほど嘘くさい論拠もないわねぇ。

おもしろいもんね。同じ一つの文なのに、同じくらいの確度で、真になったり偽になったりするなんて、ね。

|

« ホンモノって? | トップページ | 哲学者ってヤツは… »

コメント

 ≪…「インドの人がいう「無分別知」…」を、その流れを汲む「司馬遼太郎」の「空海」に、
《一はすなわち一切であり、一切はすなわち一である》
   《一切は零であり零は一切である》  
        との記述とに「同定」する。
 ラマヌジャンの《ナーマギリの神》的に[ながしかく](『自然比矩形』)に【数そのモノ】の≪…知恵の極致…≫を観てみたい。

 そうすると、『(わけのわかる ちゃん)(まとめ ちゃん) (わけのわからん ちゃん)(かど ちゃん)(ぐるぐる ちゃん)(つながり ちゃん)』で《ナーマギリの女神》の《天の岩戸》での[踊り]が始まるかもしれない。 

投稿: 『縮約(縮退)自然数』 | 2019/07/10 05:19

会っても、
出逢っても、既に しっていなければ、わからない

分かったと思っても、
自らの行いの “後” に 見つけなければ、
クビス を つけて、歩む牛の足跡は、見えはしない

すでに行われていた と
知る ということは、
知ったことが (今)起きているということです

凡人だけに出会っているから、凡人なのです
凡人と聖者を分けて、垣根を作るところは、
凡人にある
 そ の み そ の 険識 です

投稿:  春間 則廣  | 2012/10/23 08:40

会ってみたいよねぇ、ほんと。

夢でもいいから、出てきておくれ。。

投稿: 管理人エム | 2012/10/23 06:53

なー間切の女神にあって見たいなー一でいいから、凡人にはむりか、

投稿: 鈴木勇 | 2012/10/22 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナーマギリの神さま:

« ホンモノって? | トップページ | 哲学者ってヤツは… »